防犯対策が必要

防犯対策が必要

防犯対策が必要 分譲住宅のデメリットとして挙げられるのが、セキュリティ対策の事です。最近はオートロック完備の分譲住宅も増えて来ましたが、すべての住まいがそうなっているわけではありません。ある意味で死角が多いのが分譲住宅の弱点です。まるで城壁のように高い壁と堅牢な建物に守られている部屋も、一旦建物の中に侵入されたら、後は普通の家と大差がありません。

死角が多く、また良いも悪いも分譲住宅で暮らす人々は他人の動向に無関心なので、いわゆる空き巣が真面目な服装と涼しい顏で侵入すれば、住民が別段警戒する事はなく、住居スペースまですんなりと侵入されます。更に盲点なのがオートロックつきの住まいは安心感が強いせいで、住民が自宅の窓や玄関扉の施錠を怠ることが多いです。

建物全体のセキュリティ対策を過信せず、自宅の玄関に防犯カメラを設置したり、ダミーの鍵穴を増加したりと個人的に防犯対策を考えなければいけません。デメリットではありますが、この点を意識すればより快適に過ごせます。

分譲住宅を選んだ場合のデメリットについて。

分譲住宅を選んだ場合のデメリットについて。 分譲住宅はあらかじめ決められた形で一箇所に密集して住宅街を形成しています。そのため購入費用が注文住宅よりも安くなるのですが、密集型の大量生産で、あらかじめ設計されているということは、自分の思い通りの造りではないというデメリットがあります。外壁や玄関、間取りなどにこだわった理想の家を建てたいのならば分譲住宅ではなく注文住宅でしか実現する方法はないです。
そのほかにもオートロックや管理人が常駐しているマンションに比べると、セキュリティの面は自分で考えないと、防犯対策のできていない危ない家になります。
マンションと違い管理費がないので消耗品などは自分でその都度、変える必要があります。また、いつか必要になる修繕計画も自分で立てる必要があり修繕費も日ごろから計画的に積み立てておかなければ修繕が必要になったときに多額の費用が発生します。
2階建て、3階建ての場合高齢になったときに上の階へあがるのがつらくなったり、掃除の範囲も広いので手入れが行き届かなくなるおそれがあります。