注文住宅にはないメリットが分譲住宅には存在する

自由に使える

自由に使える 分譲住宅のメリットとしてまず挙げられるのが価格の安さです。
標準的な仕様で数多く売るスタイルが特徴の分譲住宅はコストカットも可能なため、価格が安くなっています。
このため魅力的な価格で購入することが可能となっています。
また間取りをプロである不動産会社に任せることができると言った点もメリットです。
プロが仕上げた住宅ですので、快適に過ごせることは言うまでもありません。
そして何よりも大きな魅力が住宅とともに手に入れた土地を自由に使えるという点です。
住宅以外の土地部分について、自分だけの庭やガレージなどを構築することができるのは分譲住宅ならではと言えます。
近年では比較的土地面積が広い分譲住宅が多く、そうした住宅では家庭菜園やテラス、ドッグラン広場など個性豊かな土地の活用が見られています。
さらには将来的な家族構成を見据えて2世帯住宅に増改築する傾向もあります。
このように土地が自由に使えるというのは大きな長所と言えます。

分譲住宅のメリットは何と言っても仕様の共通性にあります。

分譲住宅のメリットは何と言っても仕様の共通性にあります。 分譲住宅というと、お隣も前の家も両隣もみんな同じような形やデザインであるために、戸建てというイメージが遠くなり、戸建てであるというメリットから遠のくという印象を持っている人が多いことは否むことができません。
団地とまでは言わないものの、団地の平面図というような感じになることから、ノーサンキューという人が少なからずいることも確かです。
しかし分譲住宅には他の形態にはない非常に大きなメリットがあるので、これを見逃す手はありません。
何が優れているのかというと、図面や工法が皆一緒であるので、いずれやってくる補修とかでの手間暇や部品調達という点ですごい力を発揮します。
第一に何かあったときに経験則からの対応が可能であり、間違いが起こりません。
第二に部品調達と言う場合、スムーズに行かないケースもままありますが、分譲住宅では共通仕様ということから、苦労しなくても調達でき、しかも割高になることはめったにないのです。
このことは実際に起こった場合は、とても有難く特筆に値することになります。