交渉すれば値引きしてもらえるのか

交渉すれば値引きしてもらえるのか

交渉すれば値引きしてもらえるのか 分譲住宅を購入するとき、値引き交渉を上手く行えば本来の値段よりも安く家が手に入る可能性があります。それを成功させるには、まず契約を結ぶ前にそのような話をやんわりとしておく必要があるでしょう。
契約のタイミングでこの話を持ち出すと、売主と険悪な雰囲気になる可能性があるばかりか、契約自体が怪しくなってしまう場合があります。最初は冗談ぽく売主にこのような話を持ち出し、徐々に経済状況が厳しいなどの具体的な話を切り出していきましょう。また、分譲住宅の売主が企業などの場合は、その会社の決算の時期を調べておくとうまくいく可能性があります。決算期前には少しでも売り上げを伸ばしたいと思うのが一般的です。その他、値引き金額もあまり高額な値段を提示しないようにすることもポイントになります。1000万円単位で引いて欲しいと言われても、すんなり首を縦に振る売主は少ないでしょう。あまり欲張らず、100万円程度の交渉をすることが成功させるために大切です。

分譲住宅は交渉次第で割引してもらえることもある

分譲住宅は交渉次第で割引してもらえることもある 一生に一度の大きな買い物であるマイホームとして一戸建て住宅を選ぶ際には、注文住宅と分譲住宅のどちらかを選択することになるでしょう。間取りや仕様などにこだわりがあまりないという人は、分譲住宅の方が現物を直接見ることが出来るので安心して契約が出来ます。分譲住宅の販売価格は注文住宅と比較するとコストは安くなりますが、それでも現金で一括払いで購入する人はほとんどおらず、長期間の住宅ローンを利用して購入することとなります。
かなり高額な分譲住宅ですが、価格交渉をすることで、値段を下げてもらうこともできます。建築されてかなりの日数が経過している戸建て住宅の場合には、販売が予定通りに進んでいないこともあるので、交渉によって割引をしてもらえる可能性もあります。戸建て住宅の販売価格を割引してもらえると、頭金や住宅ローンの負担を大幅に軽減させることができ、毎月のローン支払い金額を減らすことが出来るので支払い負担が減って助かるでしょう。